« 2006年8月 | トップページ

2006年9月20日 (水)

病棟移動

今日早速仕事の前に心外のマネージャーさんと移動のお話してきたよ。

インタビューも無しでうちのマネージャー&病院側がOKなら10月2週目から移動。

うちの今のマネージャーはマミーのことお墨付きで推薦してくれ、早速心外のマネージャーに話しにいってくれました。

あとは病院側からのOK。それが結構問題。

HちゃんはCV見せたり必要みたいだけど、基本的に絶対大丈夫!

だって、Hちゃんと一緒じゃなきゃいやだって何度もDavidに言ったんだもん。

それに、Davidはまえから思うんだけどいつもマミーに甘い☆(ははっ自意識過剰?)

っていうか、本当に優しいの☆ 移動したばっかになるのに3週間のお休みも問題なしって!!!

問題が2つばかりあるのは、病院側のマネージメントとして私を今のとこから出してくれるかってこと

多分、DON(病院で一番上のナース)から呼ばれて今の病棟にいることを強く言われるのは想像できる。それにマミーは強気で出なくちゃならない。変えてくれないなら病院やめる!くらいに!!!じゃないと、移動させてくれない絶対がんばらなきゃ!自分を守るためにって。。。

心に決めてたのに。。。その1時間後には他のかわいがってくれてるパートのスッタフから

<移動しないで!>、他の移動できないスッタフのこと考えてだとか。。。病院の一番上が変わったんだから<Give chance!>マミーやHちゃんのこと働き者でがんばりやでみんなダイスキなんだからなどなど。

でも、そうやっていう皆さんフルタイムで働いてないじゃん!って感じ。

私だってうちの病棟が崩壊していくのは見たくないよ。

でも、私は限界ギリギリの中でわずかな光にむかって自分の責任の重さを抱えながら歩いていくのは、もうできないよ。

まだいるスッタフのこと、考えると本当に本当に胸が痛い。

でも、多分歩き出すべきだよね。5日のうち2日は今のとこで、3日は心外。。。とか色々考え出してみた。。。。けど。

カジュアルの席には置いてもらおうと思ってる。

それで基本は心外に移動するべきだと80%は思ってる。

10月3日に病棟会議がまたうえとあるらしい。

また何も変わらないんだろうねぁ。もぉあきれてるよ。

形だけのミーティング、SpeakUP してもかわらない現状。 

!ごめんごめん。グチになちゃった。

以上今日の報告でした。

でわでわ明日は7時から22時30分までお仕事!

しかも、仲良しStaceyの最後の日、楽しんですごすぞぉ!

キャロットっていう仲良しのTさんがやってる日本食やさんにパーティセット頼んだんだ!

病棟でみんなでもちよりごはん☆ サプライズで飾りつけも準備中!

楽しみ☆ おっともぉ寝なきゃ寝なきゃ☆今日は5時間睡眠かな? おやすみ!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

気がつけば。。。

気がつけば前回更新から1ヶ月。。。

なぜか忙しい。ってやっぱり結婚式まで6週間切ったせいかな??

私の日本人の友達や家族はもちろんしっかりしてるから口で言ったことをきちんと覚えててくれてる人たちなんだけど。。。

心配だったのはやっぱりマティサイドの親族たち。。。やっぱりOZ<あれ?いつだったけ~?>みたいな。

にしても、職場の人たちにアドバイスをもらったり、突っつかれながらも、何とか招待状はきちんと9月の頭には送れたのはよかった。

それでまた油断して、早2週間以上経過。ふと気がつけば予約金を払ったけどレセプションのとこからうんともすんとも連絡が8月以降からないことにふと気がつき。。。ドッキリ。

メニューもそろそろ決めないとだし、ベジタリアンの人用のメニューの交渉もしなきゃ、ケーキも頼まなきゃ、あっ!車も。。。お花とか飾りも。DJもプチギフトも。

インターネット検索して過ぎる時間の早いこと早いこと。

習おうと思ってる(た?)カップルダンスもおあずけだよぉ~。10月には遅くてもいきたい。

私たちの結婚式は100人以上呼ぶ人に比べたら、50人くらいだし、それでもカジュアルなんだけど、やっぱりそれなりにきちんとやりたい。

忙しいけど、楽しいからいいんだっ☆ それでもやっぱりよくマミーのママさんや姉妹がこんなときそばにいてくれたらなぁ。なんて思うことたくさんあるけどねぇ。

それでも、結婚式に向けて、マミーの家族とは週2.3回ペースで電話で話してるんだ(ははっ笑)

最近輪をかけて忙しくさせられてるのは仕事のせいもかなりある。

前にも書いたけど、この半年で、病棟の人がすでに最近まで15人以上やめてて、しかもみんなバリバリ働けるシニアたち。

いまじゃニューグラ(新人3人)抜かしたら、フルタイムで働いてるのはマミー含めて4人。

うち一人の仲良しStaceyは今週水曜日で最後。日曜日からイギリスへ。

もうひとりのセーラも他の病棟に移ることを1週間前に話してきた。

英語がめちゃくちゃつたなかったマミーを大学時代からかわいがって育ててくれた

マネージャーまでが病院と色々あって29日付で退職。

それに伴ってさらに退職者がひとりふたりと。。。

うちの病棟はホントに忙しい、それでも、チームワークがすごくよくてみんなで忙しくても笑って、助け合ってがんばってきた。でも、多分もう限界。

シニアが減った分の補充もできないまま、病院側はベッドは閉められないし、スッタフの人数を増やすからといいって、なぜかさらにHighDependencyなケースまで送ってくるようになって半年。もちろん補充は無い。

エージャントだらけの職場で、職場に来て1年たってない私が責任持たされる立場にどんどんなって。それでも、がんばって毎日働いて。

基本的にマミーは働く上で忙しいのは全然いい。でも、Ope後ばっかどんどんあがってくる、High dependacyのなかでたくさんの患者をエージャントのNSがきちんと見れているかも確認しつつ、びっくりなことしでかしてくれたときにはその責任をレギュラーがかぶり、学生指導もしたりしながら、安全に看護ができるかっていうのには自信がなくなってきたよ。

それが、Stacey, セーラ&マネージャーがいないなかで今までどうり笑顔でできるか。。。できないだろうな。

そんな不安な気持ちのときに、偶然1年前にちょうど新人の時に4ヶ月いた心臓外科のマネージャーに会い、彼が自分の病棟に来ることを勧めてくれた。思い切って仲良しHちゃんのことも一緒に無理か聞いてみたよ。だって心外はHちゃんが行きたいといってたとこ、それに、何よりあのクレージーな状況になる病棟に一人残しいけないよ!かなり前向きな言葉をもらい。Hちゃんにも報告。あとはHちゃんがマネージャーと話して決めてもらう。

自分も移動することで、残ってるみんなが大変な思いするっておもって、心が痛んでたけど、今回の特に仲のいい人たち決断が背中押してくれた感じ。

今日、仕事の前に正式に移動希望のお話してくることに決めたんだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ